☆「GALASSIA」☆

L’ATELIER HIRO WAKISAKA(パークシティ武蔵小杉内)
煌く壁「GALASSIA」。
イタリア語で銀河を表すこの製品は、メタリック素材に奥行感を持たせた内装
用の特殊塗装(スタッコ)です。
4つのパターンによって構成されております。

●ヴェネーレ
●ルーナ

微妙な刷毛目のうねりによってパターンの重なりを強調し、平滑な表面ながら
も光のあたり具合によって奥行き感と表情を変える

●ジョーヴェ
●マルテ

混入された微細な骨材によって、ビロードのような表情を持たせ、メタリック
素材の表面の煌きにさらなる立体感を持たせている

標準色は20色ながら、特注色にも対応しており、ビビットな色合いを出すこと
ができます。

メタリックの魅力が凝集された特殊塗装(スタッコ)、多様な空間表現が可能
です。

GALASSIA(ガラッシア)
https://www.fukko-japan.com/products/galassia.html

「左官で魅せるライムストーン」
太田市民会館(香山壽夫建築研究所)

「ピエールデコ」をご存知の方はいらっしゃいますか?
左官で仕上げるライムストーンを表現した製品。
それって、どんな感じなんだろう?と思われる方も多くいらっしゃるでしょ
うが、表面は水磨きのような仕上がり、そして骨材がかすかに露出した非常
に品が良い仕上がりです。
最近ではライムストーンというよりも、ピエールデコの独特の表情を活かし
て、表現した作品もあり、それは非常に美しいです。
代表的な例では、太田市民会館のエントランスホール、真っ白のベース材に
半透明の白の骨材をいれ、磨きだしたものがあります。
そこにはエントランスホールの白を基調とした空間に、壁にはかすかに骨材
が見え隠れしたピエールデコが存在しています。

太田市民会館(香山壽夫建築研究所)

白のベース材の中に、白色でやや透明な骨材が研ぎ出されていて、床面は、
コンクリートの研ぎ出しが施されており、ピエールデコとマッチしています。

元々はライムストーンでは仕上がられない箇所や、アールのついた箇所への
提案でしたが、その独特な仕上がりから、ピエールデコの良さをアレンジし
て採用いただけるケースが多くなってきました。

色なども完全特注対応ができますので、ピエールデコの雰囲気を一度ご覧に
なっていただければと思います。

ピエールデコ
https://www.fukko-japan.com/products/pierre-deco.html


「展示会のおしらせ」

マヂックコートが買える。
カードで買える!

フッコー オンラインショップ 開店中!
http://www.fukko-japan-online.shop/


マヂックコート 5㎏/缶も好評発売中!!


編集後記
好評いただいております「MORART」。 今度は家具の受注開始です! 左官材メーカーが作る「家具」。 面白そう!
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です