フッコーの外断熱工法 ”EBフォーム”

K邸 設計:横内敏人建築設計事務所
外壁:外断熱工法EBフォーム+デュッセル仕上

住宅エコポイントが2019年に復活するという発表がなされ、来年実施される増税による住宅への投資の落ち込みを懸念してのことと言われております。

エコポイントの対象工事は様々ですが、外断熱工法においてもその一つです。

そう、フッコーの外断熱工法「EBフォーム」を皆様ご存知ですか?
https://www.fukko-japan.com/eco/eb-form.html

清瀬療護園 設計:リンテック㈱
外壁:EBフォーム+FMX仕上
中央工学校 設計:白井克典設計事務所
外壁:EBフォーム+FMX仕上
北区滝野川紅葉中学校 設計:香山壽夫建築研究所
外壁:EBフォーム+FMX仕上

創業63年、左官材一筋のフッコーが提案する外断熱工法です。

その大きな特徴は

なんといっても意匠性が高い
意匠性を追求し、つねに良い素材・良い仕上を提供しているフッコーだからこそ、他社の外断熱メーカーや商社と違い、意匠性の高い仕上が可能です。弾性の吹付材などに限定されることなく、フッコーの豊富なラインナップから、建物にあった最適な仕上材を選ぶことができます。

②日本の気候風土にあった外断熱
現在、外断熱工法は欧米からの商材を扱う輸入商社がほとんどです。日本と比べ、湿度が低く、比較的安定した気候の欧米に比べ、四季があり、夏場には台風も多く到来する日本の環境は過酷です。フッコーの外断熱工法「EBフォーム」は、耐衝撃性に優れた下地処理と通気性が高く、長期的な耐久性の高い仕上材を組み合わせることで、より堅牢で長期的にも安定した外断熱システムが可能となっております。

③豊富な実績
建築業界の左官材という分野で63年、外断熱工法では15年という豊富な実績を持っております。立地条件や建物形状など、一つ一つに最適な下地処理や仕上げのご提案ができるために、新築からリフォーム、住宅規模から学校や病院などの大型施設まで、「EBフォーム工法」対応することができます。

住宅エコポイントが制定されましたら、当然ながら申請することが可能です。

☆外断熱工法選びで悩んだら、まずご一報ください!
 外断熱工法 「EBフォーム」
https://www.fukko-japan.com/eco/eb-form.html


MORART FLOOR
河原町五条下る「ギャラリー」
多くのお問合せを頂いております「MORART」。
今回は京都の河原町5条にあるギャラリーのご紹介です。
京の町屋を改修し、1階はギャラリー、2階はアーティスト専用の1組限定の民泊スペースという非常に面白い建物であった。

1階のギャラリーから2階に上がる階段にMORARTが使用されております。
京の町屋の改修だけに古い梁や柱、土壁があらわしとなっており、MORARTの雰囲気と非常にマッチしています。
床からつながる壁面にもMORARTが使われ、窓から刺しこむ光に左官職人によって美しく表現された陰影がとてもきれいに映し出されていました。
職人の手によって出来上がるパターンは、お好みによって様々な柄を出すことができます。
また人気色はグレーですが、赤や青、緑といった原色系を調色することも可能です。

壁だけでなく、床・天井・家具・什器・水回り・キッチン天板など幅広く使用できるMORART。

是非一度ご覧になってください。
MORART
https://www.fukko-japan.com/products/morart.html


マヂックコートが買える。
カードで買える!

フッコー オンラインショップ 開店中!
http://www.fukko-japan-online.shop/


マヂックコート 5㎏/缶も好評発売中!!


編集後記
毎日寒い日が続きますが いかがお過ごしでしょうか? 年末の忘年会続きで 体調を壊しておりませんか? 今年も残すところあと12日。 最後のラストスパートだ!!
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です