アンティコスタッコの魅力

新居浜市立別子銅山記念図書館 1992年竣工
公共建築100選 新居浜市都市景観賞
日建設計/アンティークスタッコ

イタリアンスタッコ、アンティコスタッコ、イタリア磨き

様々な名称で呼ばれるイタリア生まれの特殊塗装、アンティコスタッコ仕上。

フッコーのベネチアートシリーズ アンティークスタッコの発売は実に30年前にさかのぼります。

当時は、日本の仕上材(塗装・左官)もまだまだ発展途上の段階で、このような特殊塗装は主には海外からの輸入製品がほとんどでしたが、我々フッコーは試行錯誤を繰り返して自社で開発、バリエーションを増やして在に至ります。

イタリア発祥のこの仕上は、ヨーロッパの建造物に多く使われる大理石の加工工場から出る石粉、つまりは石灰を主成分とした原料でできています。薄く何層にもパターンを重ねて、最終の仕上厚は1㎜にも満たない塗厚ながら、奥行き感があり、そして磨き工程を経た透明感のある仕上がりになります。

長く愛される理由がある
「鏡面HR」
富山県美術館/内藤廣建築設計事務所
白い壁面が鏡面HR

フッコーといえば「マヂックコート」。

「マヂックコート」ってフッコーだったんだ、汎用品としてご愛顧いただいております。

さて、フッコーには「高い意匠性」を共通事項とした製品が多くあります。

今回はその中でも長く愛されて続けている商品の一つ「鏡面HR」をご紹介したいと思います。

https://www.fukko-japan.com/products/kyoumen-hr.html

鏡面:鏡のようにつるつるの面のことをいう
HR:ホテル&レストラン(フッコーの造語)

仕上表面は洋服が引っかかったり、手やカバンがあたっても傷がつかない「鏡面」仕上げで、ホテルやレストラン(HR)のように不特定多数の方が訪れても傷がつかない、びくともしない、そして汚れが落とせる仕上材、それが「鏡面HR」です。

京都国立博物館/谷口建築設計研究所
展示室の淡いグレーの壁が全て鏡面HRで仕上げられている
 
太田市民会館/香山壽夫建築研究所
劇場のホワイエ、紫がかった青い壁が鏡面HR

鏡面HRの仕上がり面は、完全なフラット(鏡面)ながら細かい骨材のひとつひとつが綺麗に整列し、その骨材ひとつひとつに色が焼き付けられ発色してしています。

またその骨材に光が当たると、骨材の大きさと同じく細かく光に反射し、おとなしくキラキラと発光します。

その反射は見る方向によって細かい凹凸に光が当たるため異なる反射をします。

美術館や博物館において、展示物に影響を及ぼすほどの主張もせず、おとなしいながらも存在感のある仕上です。

また前述した通り、多くの方が訪れ、触れるような壁面でも非常に堅牢でメンテナンス性に優れているために、長年塗り替えの必要もなく、洗浄のみのメンテナンスで美観を保つことができます。

鏡面HRは骨材ひとつひとつに色が焼き付けられていますため、一般的な顔料調色の塗材とは異なります。
よって褪色紫外線によるにも強く、顔料調色とは異なる発色性によって見た目・意匠性をもっています

高耐久で高意匠、フラットな仕上がりで品の良い雰囲気に。

カタログのご請求、お待ちしております。

鏡面HR
https://www.fukko-japan.com/products/kyoumen-hr.html
 

マヂックコートが買える。
カードで買える!

フッコー オンラインショップ 開店中!
http://www.fukko-japan-online.shop/


マヂックコート 5㎏/缶も好評発売中!!


編集後記
さあ、今年度も残すところ2週間。 桜が咲きだすこの季節。 卒業・入学・入社 みんな心機一転。 また肌寒くなったりして、 あぁ、春が待ち遠しい・・・。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です