ブリティッシュグリーン MORART

ユニマットリック 箱崎オフィス/ユニマットリック
 

ブリックタイルの脇に映えるブリティッシュグリーンの壁面。
今回のMORARTは骨材を混ぜた特注仕様。
モルタル色のグレー系が人気ですが、また違った表情を魅せております。

通常のMORARTの表情は、表面はフラットな仕上がりだが左官職人によるコテ跡が下から浮かび上がる美しい仕上がり。今回は骨材を入れたことにより、通常の滑らかな質感に骨材のエッジが立ったような、左官用語の「ビビり」が浮かび上がるエッジの利いた仕上がりです。
プラントのグリーン・ブリック・無垢板カウンターとマッチするMORART
 

家具・什器にも使用できるMORART。

最近は家具・什器のご紹介が多かったのですが、壁面に使用されるMORARTも非常に美しく、空間のアクセントウォールとしても活きています。

MORARTは外部に使用することも可能ですので、ショップのファサードにアクセントをつけて、アンティコスタッコ風の仕上げに見せる、なんてことも可能です。

MORARTの特注仕様、いろんなアレンジができます。
営業スタッフまでご相談ください!

MORART
https://www.fukko-japan.com/products/morart.html

掻き落としの風合い
デュッセル
VALLEY/マウントフジアーキテクツスタジオ
 

フッコーの代名詞と言えば「マヂックコート」。

マヂックコートに並ぶ発売から40年を超える往年の人気商品があります。

それが「デュッセル」です。

白井晟一先生によって「松涛美術館」に使用されてから約40年。

いまだに人気の製品です。

掻き落とし風の仕上がり感は、マヂックコートのようなコテ跡によるパターンではなく、骨材の表情・風合いを活かした仕上がりです。

掻き落とし仕上はどうしても粉が残って表面がぽろぽろしたり、それによって壁際にいつも粉が落ちていたりと、風合いは美しいが、なかなかメンテナンスが良くないのがデメリットでした。

デュッセルは、掻き落とし風の仕上がりでありながらメンテナンス性にも優れ、多くの建築家に愛されている人気商品です。

掻き落としのような、柔らかい印象のデュッセル。

「巨匠に愛された表現力」

この先の40年、また多くの建物を彩るでしょう。

デュッセル
https://www.fukko-japan.com/products/dussel.html

マウントフジアーキテクツスタジオ
http://fuji-studio.jp/


マヂックコートが買える。
カードで買える!

フッコー オンラインショップ 開店中!
http://www.fukko-japan-online.shop/


マヂックコート 5㎏/缶も好評発売中!!


編集後記
急に寒くなって、桜もびっくり、 おかげでまだ桜は満開! さあ、新年度も始まり、 そして新元号も発表されました。 「令和」 新しい時代が始まります!
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です