古く、美しく、新しい 「古民家再生」

「古民家再生」

今では手に入らない希少な大型の梁や柱などの構造部材が使用された古民家。

そのなかには文化財として価値のあるものも多く存在します。

地震大国日本、数々の地震にも耐えてきたその古民家に現代の技術を吹き込み再生した古民家、それが「古民家再生」です。

今回は建築家によって再生された古民家を宿泊施設として再利用されている事例をご紹介します。
場所は千葉県の大多喜、都心から車で90分ほどの場所。

まるがやつ
https://www.marugayatsu.com/

築200年の古民家を再生し、日本文化の保存、再生、継承をすべく体験型宿泊施設として古民家を見事に再生し有効活用しており、建築としては千葉県建築文化賞も受賞しております。

フッコーと古民家?ん?その壁?

そうです、再生されたその一部に当社の「デュッセル」が採用されております。

デュッセル
https://www.fukko-japan.com/products/dussel.html

「巨匠の愛した表現力」がキャッチフレーズのこの製品、和洋どんな建物、空間でも美しく飾ります。
本物件にはクシ引きが採用され、その質感は光のあたり具合により表情をかえ、見る方向によってはビロードのような雰囲気にも見える非常に美しい仕上です。

また「まるがやつ」の宿泊施設「蔵」は、著名建築家の中村好文氏の設計によって蔵を1棟まるごとリノベーションされ、1組のみのプライベート空間として見事に生まれ変わっております。

また、「まるがやつ」から車で20分ほどの距離に、中村好文氏が設計された私設美術館「museum as it as」があり、その内装はすべて「デュッセル」で仕上げられております。

外装には現地の土で作られた藁スサ入りの土壁、これもなんとも素晴らしい!

museum as it as
http://asitis.sakatakazumi.com/

文化材としても価値のある古民家に、現代の技術から得られる機能性や快適性を取り込み再生し、そして有効に活用する。

どこか懐かしく温かい雰囲気に包まれた空間は癒しを与える。

その空間にあうような壁材をこれからも開発していきたい。

千葉の大多喜に行かれる際は、ぜひ!

まるがやつ
https://www.marugayatsu.com/

museum as it as
http://asitis.sakatakazumi.com/

巨匠の愛した表現力「デュッセル」
https://www.fukko-japan.com/products/dussel.html


フッコー オンラインショップ 開店中!
http://www.fukko-japan-online.shop/
あのマヂックコートがネットで買える、カードで買える!
マヂックコート 5㎏/缶も好評発売中!!


編集後記
山形・新潟の地震による被害が、 1日でも早く復興するよう スタッフ一同お祈り申し上げます。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です