洗練された美しさ フッコーのテラゾー 『PRIMO』

プロジェクト:The One Five Terrace Fukuoka
設計・デザイン:トサケン
仕上:PRIMO 特注貴石仕様

テラゾー。

聞き覚えのある方も多いかと思います。

学校の水飲み場、地下鉄のホーム、トイレの界壁などなど

ありとあらゆる空間に使われ、とても身近な存在でした。

「研ぎだし」と言われたり

「人研ぎ」と言われたり

現場で施工されるものは「現場テラゾー」「現テラ」と呼ばれ、

建築意匠仕上の一役を担う存在でした。

多様な建築デザインが生まれ、生活様式の変化が生まれ、

技術の進歩や工事費の高騰、工期短縮など様々な要因によりひっそりと、

テラゾーは表舞台から消えていたのも事実です。

色鮮やかなアクセントストーンにより魅せ方は無限大

デザインムーブメントは繰り返す。

70年近く壁材メーカーとして建築業界に身を置くフッコーですが、

建築デザインを常にみつめ、製品に秘められた新しい可能性を感じ、

この度、現場テラゾー「PRIMO(プリモ)」を発売いたしました。

https://www.fukko-japan.com/products/primo.html

この「PRIMO」のコンセプトは「壁にも塗れるテラゾー」です。

床やカウンタートップなど平面での使用が一般的に多いテラゾーですが、

それには様々な要因もあって平面に限定されており、

規格パネルであれば立面への施工は非常に容易なのですが、

現場施工での立ち上がり面、壁面への施工は容易ではありません。

それを「PRIMO」は実現いたしました。

https://www.fukko-japan.com/products/primo.html

立ち上がり面(壁面)も可能、デザインの可能性がさらに拡がる
施工:末永工業(京都)

一時代を築いたテラゾーが姿を変えて帰ってきました。

壁材メーカーのテラゾー「PRIMO」。

現場テラゾーで壁面も施工が可能です。

カウンターやテーブル、ベンチなどの家具、展示台などの什器、

そして空間を構成する「壁」「床」。

直線から曲線まで可能性は無限大です。

標準仕様は

ベースカラー3色 × ベースストーン6種 × アクセントストーン3種

塗厚は10㎜~となります。

また新しいエッセンスが空間に生まれました。

「PRIMO」
https://www.fukko-japan.com/products/primo.html

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です