使い方は無限!”MORART”

ココディール 有楽町ルミネ
ソラマメ㈱/MORART

ここにMORART、あそこにもMORART、どれも美しいMORART。
アーティスティックモルタル「MORART」(モラート)は、使う場所を選びません。
さて今回のご物件は、アパレルショップの使用例です。

無機の持つ独特な質感と左官職人によって創られるテクスチャーが特徴のMORART。
壁だけでなく、床や什器にも使用されております。
MORARTの柔らかい質感が壁・床・建具から空間を包む
 

MORARTの質感・仕上がりを、いろいろな部位へ使用することができます。
壁でも、床でも、テーブルなど家具や什器でも、また水周りにも使用できます。
それにはMORARTの強靭な組成があるからこそ成し得ることであり、ただただ強いだけでなくグニャグニャと曲がる弾性も持ち合わせていることも重要です。
そしてMORARTの表面硬度は5H程度もあり、ちょっとやそっとでは傷つきません。
表面は磨き仕上げのため引っ掛かりのない完全なフラット、つるつるに磨かれた状態です。
たとえ什器に使用しお洋服を陳列したとしても、お洋服を傷つけることはありませんし、テーブルに使用したとしても、器などがガタガタすることもなく、文字もガタつきなく綺麗に書くことができます。

さらに大切なことは重量。
MORARTの塗膜厚は壁面で約1㎜、重量にして1.2㎏/㎡程度しかありません。
ということは下地へかかる荷重も非常に小さいため、建具やドアなどに問題なく使用することができるんです。
壁と床、そしてドアや建具まで、MORARTで仕上げられた一体の空間を創りあげることも可能なんです。

オフィスのデスク、住宅のキッチンカウンターやテーブル、洗面所やバスルーム、床暖房仕様の床仕上げから、暖炉回りの壁まで、使う場所を選ばないMORART。

また一つ面白い事例が浮かんできそうです!
MORARTの今後にこうご期待!!

MORTAR+ART=MORART
https://www.fukko-japan.com/products/morart.html


何て美しい仕上がり
「HYTEGULA」
タイルと左官材が絶妙にマッチした仕上がり
 

土 × 土 = HYTEGULA

昨年の11月の展示会で発表し、年初に発売を開始した「HYTEGULA」(ハイテグラ)。
タイルと左官材、共に原点は土や粘土。
この両者を掛け合わせ、タイルが映え、そして左官材も映える技法を使用した「HYTEGULA」仕上。
その仕上がりは今までにない新しい印象を与えます。

Spick & Span 自由が丘店
ベイクルーズ/HYTEGULA
吹き抜けに施されたHYTEGULAがお客様を迎える
タイル×左官材の欠け合わせ方によって様々な表情となる

壁面の仕上げとして、クロス、塗装、左官、タイル、石材、乾式パネルなど様々な仕上げがありますが、そこに新しく一つのカテゴリとして生まれたのがHYTEGULAです。
左官でもなくタイルでもない。
その見え方はアート作品といっても過言ではありません。
アート作品に見立てて展示した昨年の展示会

タイル:10種類
左官材:3色
貼り方:自由

タイルの種類×左官材×貼り方によって非常に多くの仕上げから選べます。
フッコー東京営業所内にあるサンプル展示サロンにも展示されておりますし、タイル+左官材なので非常に重く営業マン泣かせなのですが、いまでは持ち運びが簡単な実物サンプルもご用意・お貸出ししております。

いままで観たことがない美しさ。
左官とタイルの全く新しいスタイルを一度ご覧ください。
https://www.fukko-japan.com/products/hytegula.html

マヂックコートが買える。
カードで買える!

フッコー オンラインショップ 開店中!
http://www.fukko-japan-online.shop/


マヂックコート 5㎏/缶も好評発売中!!


編集後記
段々と日が長くなってきました。 春がもうすぐそこにきています。 年度末の1か月、桜を待って頑張りましょう!!
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です