左官材メーカー × 生コンプラント ☞ 『ドライテック』

色・テクスチャーそして素材にこだわる我々フッコーですが、

機能性素材として透水性舗装材として『ドライテック』を手掛けてるのも、

ご存じの方は多いかと思います。

先日、グッドデザイン2020の大賞に次ぐ金賞(経済産業大臣賞)を受賞し、

▼グッドデザイン賞

https://www.g-mark.org/award/describe/50567?token=qzu80xgCav

▼ドライテック製品ページ

https://www.fukko-japan.com/eco/dry-tech.html

金賞に選ばれた20製品のなかの「ドライテック」は、

まさに今年のグッドデザイン賞の顔となりました。

YouTubeの紹介ムービーにもあるように、

ドライテックが実現したのは「左官×生コン」

というコラボレーション。

全国に約3200ある生コンプラントに常備されている

・骨材(砕石)

・セメント

・水

大まかにこの3要素で『ドライテック』はできてます。

「ポーラスコンクリート」

見た目は雷おこしのようなもので、骨材同士を点接着させ、

その間の空隙を雨水が流れていく構造です。

セメントペーストでがっちりと構成された普通コンクリートと比べ、

点接着のポーラスコンクリートは強度に乏しいのも現実です。

▼グッドデザイン賞

https://www.g-mark.org/award/describe/50567?token=qzu80xgCav

▼ドライテック製品ページ

https://www.fukko-japan.com/eco/dry-tech.html

そこで我々フッコーの出番です。

点接着強度を発現させ、舗装材としての基準をクリアさせる

「キーバインダー」

ここに我々フッコーの技術が詰まっております。

我々は、塗り壁メーカーです。

骨材同士をくっつける、壁に塗っても落ちてこない、

鏝離れがよい、鏝滑りが良い、伸びが良い、などなど

この65年左官材メーカーとして培った技術が詰まっております。

『ドライテック』の重さは約2トン/m3。

そこにたった10㎏/m3の「キーバインダー」が投入され、

高耐久なポーラスコンクリートが出来上がります。

たった10㎏/m3、我々の工場からの配送コストは微々たるものです。

1m3からでも配送でき、住宅駐車場から大型の施設まで。

「地球に蓋をしない」

『ドライテック』が透水性舗装の代名詞になる日も近い。

YouTubeで「ドライテック」と検索すると、日本全国のパートナーによる、

様々な動画がご覧になれます!

お時間あるときにぜひ!

▼グッドデザイン賞

https://www.g-mark.org/award/describe/50567?token=qzu80xgCav

▼ドライテック製品ページ

https://www.fukko-japan.com/eco/dry-tech.html

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です